Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

正しさより楽しさ

 

先日、サッカーコーチをやりたいと語る青年と出会った。素晴らしい経歴の持ち主で、最後には子供に元気を与えたいと言っている。すごく好感を持てたが、青年自身がなんだかちょっと不健康そう(生きていることが苦しそう)に見えた。

 

自分に対する自信がない時とか、弱気な時は「正しいとされているもの」にすがりつきたくなる気持ちはめちゃめちゃわかる。

 

その青年の場合だと〜ライセンス保持、元○○高校サッカー部キャプテン…など。

 

けど、俺は経歴とか、学歴に全く興味はなく「いつも喜びはあるのかい?」と問いたい。

 

そんな過去のプライドよりも「毎日の感動を大事にしろ」と言いたい。

 

フットボールはエモーション》

 

いや、

《人生はエモーション》

 

だと思っていて、だから何度もこのブログにも正しさよりも楽しさだと言いまくっている。

 

なんでそんなに楽しさが大事なのか。

f:id:kawaguchiryota:20171018155639p:plain

 

 

それは何かに失敗して自分に自信がないとき(自分の価値判断に信用を置けない時)、世の中でよいとされているものを通じて自分に自信や価値を持たせようとしてしまうことがある。

 

だけど、それでは「他人がよいと言っていること」を間借りしているだけで、いつまでたっても「俺はこれが素晴らしいと思う」的な自分軸を築くことはできない。

 

そもそも、一人ひとり素晴らしい存在に作られている。誰1人として同じ人はいない。ならば一人ひとりの個性やキャラクターは大切にすべき。けど、みんなと同じでなければならないという教育が邪魔をしている。(前ならえとか、髪の毛の校則違反とか)

 

けど、もちろん一人ひとり自我があるのでみんなと同じではなく、その人をちゃんと見てもらいたいという部分も必ずある。

 

 

なら、そんな枠を超えていけよ

 

f:id:kawaguchiryota:20171018155950j:plain

 

正しいとされているのは今のオトナが作った正しさだよ。もっともっとエモーションを大切に、楽しさを追求しようよ。そっちを優先することで実は正しさもわかって来ると信じている。全てのスタートは楽しさ。

 

じゃあ楽しいって何?

 

 

俺は愛の中で生きることだという信念で生きている。

 

愛って何?

 

それは自分を愛するように自分の周りを愛すること。

 

そうすれば嫌いだったはずの自分も好きになっていく。だって、自分の周りの仲間が好きな自分が好きなんだもん。楽しさを追求すればするほどそんな仲間がたくさん集まる。

 

だから、愛の中で生きよう。 

f:id:kawaguchiryota:20171018155756j:plain

 

f:id:kawaguchiryota:20171016012236j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20171016113028j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20171016113151j:image