Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

さよならCOLOR

卒業式や送別会など別れから新たな出会いの時期。新たなステージにチャレンジする方や一線を退く方も。

この季節になると決断することが多くなる時期なんだなぁーと実感。

みなさんは何か決断されました?

最近、自分の大親友もこの時期に本当に本当に大きな決断をしました。

色々思うことはあるけれど、本人が悩んで悩んで悩んで選んだ道。

素直に受け入れ尊重するし、これから応援してるよ。大切な親友です。

お疲れ様、オガ:-)

まぁしかし、決断するっていうのは本当に勇気がいること。

日々の生活の中では忙しくなかなか自分とは向き合う時間がないのかもしれない。

けど、その忙しさを言い訳に自分のやりたいこと、したいことに向かっていくチャレンジをしていないのではないだろうか。

もちろん決断することは怖い。未知の世界だから。

『その怖れと向き合うこと』

『自分に決断の許可を出すこと』

そのためにセミナーに参加したり、講習会に行ったり、著名人の名言を学んだり…。

もちろん為になることはたくさんある。でも、結局は怖れの強い状態は根本的には変わっていない。

だから、数日すれば、元通り。で、また違うことを学び始める。

そういう葛藤や模索の中で

《自分らしさって何だろう》

《自分に出来ることって何だろう》

って考え始めると思う。

考え始めて、それが徐々に本気になり、自分の人生のことを考えるとやっぱり決断に迫られる。自分の信じていること、信じているものに希望があると確信していけばいくほどに

ならそこにチャレンジしていきたい!けど、その一歩が…。みたいな悪循環…。

その結果、最近分かったことは大事なことは、学ぶことより、自分自身と向き合うことなのではないだろうか。

そのように感じる日々なんです。

そこに気づくこと。気づくために、きちんと自分に向き合うこと。

それは、自分を理解することであり、自分を理解すればするほどに、他者を理解しようとする意識も芽生えること。

それは親や会社、社会の価値観、世間体、ブランド…などの影響で決断するのではなく自分自分で決断をするということ。自分らしさは自分が知っているのから。

宮本武蔵巌流島の戦いの後、「強さとは何だろう」と1人で考えて作ったのが『五輪書

近代の座右の書であることは間違いない。

これも生涯自分自身と向き合った結果なのだろう。

『人間は自分の力も自分で試してみないうちは分かりません。 握力などは一分でためすことができるが、自分の忍耐力や文学上の力や強情の度合などは、やれるだけやってみないと、自分で自分に見当のつかないものなのです。』

夏目漱石の名言だけど、漱石も幼少時代からの養子から一人になり自分自身と向き合ったのだろう。素晴らしい作品が今もなお、読み継がれている。

やっぱり自分と向き合い本気で決断した結果、とっても魅力的な存在になっている

その魅力がたくさんの人々を惹きつける!!

自分の周りにはたくさんそのような方がたくさんいます☆本当に感謝です!

そして新たにそのような魅力的で素晴らしい方々と出会い、刺激をもらい、笑顔で楽しく過ごしていく2015年にしたいなぁ♪♪

この季節、周りの影響ではなく、親に言われたからではなく、自分自身で決断した多くの「さよなら」から始まる新たなチャレンジを応援していきたい!!

もちろん俺も使命感もって頑張って生きていきまーす!!

PS

自分が一番好きな曲です。

サヨナラCOLOR/SUPER BUTTER DOG

そこから旅立つことは

とても力がいるよ

波風たてられること

きらう人 ばかりで

でも 君はそれでいいの?

楽がしたかっただけなの?

僕をだましてもいいけど

自分はもう だまさないで

サヨナラから はじまることが

たくさん あるんだよ

本当のことが 見えてるなら

その思いを 僕に見せて

自分をつらぬくことは

とても勇気がいるよ

だれも一人ボッチには

なりたくはないから

でも 君はそれでいいの?

夢の続きはどうしたの?

僕を忘れても いいけど

自分はもう はなさないで

サヨナラから はじまることが

たくさん あるんだよ

本当のことが 見えてるなら

その思いを 捨てないで

****←是非チェックしてみて下さい♪♪