Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

相手の文脈を理解すること

今回は仕事やコミュニティなどの今後の在り方で大切だよなぁと感じていることを話します。 大まかな思考文化 アメリカだとシリコンバレーでは、ゴールがあってそのためには手段を問わないっていう考えがあります。いわゆるハッカー的な文化です。引き抜きな…

言語化することが概念を溶かすこと

言い訳 アウトプットすることはすごく大切だと理解していますが、まだ自分の中で納得しているところまで至ってなくて(思考プロセス中)…という感覚が多い日々です。 #理解と納得は同じようで違うんです したがって毎週土曜日ブログをUPすることが難しくなって…

「行為ではなく、存在」

行為の弊害 おそらく自分は「価値」というものにすごく興味があるし、頭のどこかでいつも考えているように思います。 コロナ禍の中で歴史を学ぶようになってきて、改めて短期的なミクロな視点ではなく、長期的なマクロな視点で物事を考えることが大切だと思…

3間の変化

もともと自分は、間(ま)というものに興味があってこれをサッカーに当てはめたのがスタートでした。 kawaguchiryota.hatenablog.com さて、このコロナ禍で世の中の“仲間”“空間”“時間”という「3間」(サンマ)が更に大きく変化してきたと感じます。 時間空間仲…

幸せを求めてスタンダードから多様性に

今回は kawaguchiryota.hatenablog.com 過去ブログの思考の続きのような感じです。もし暇な方がいたらご覧下さい。 昔から多くの人は自分の意思や意見としてこれが正解である!っていう価値観を持つことがなかなか難しいし、それができないくらい周りの目を…

楽しさとは

さまざまなところで「勝ちより価値」と言っていますし、自分の生きる指針となっていますが、改めて簡潔に文章に綴ろうと思います。 称賛を追いかけるという罠 仕事でも、プライベートでも人の期待に応えようと頑張ることで本当の自分から外れていくことがあ…

気分で変える読書

新型コロナウイルスの影響により家にいることが本当多くなりましたよね。 インプットする時間が豊富になったので、読書の頻度も多くなりました。別に本屋に行かなくても[メルカリで買って読んで、またその本を売る] を繰り返すだけであまりお金を使うことな…

感情の捉え方

嬉しい!楽しい!はいいけど、悲しい!苦しい!という辛い感情になると疲弊することも多い…。 なので、自分の感情に苦労にならないための自分と組織のポイントのお話しようと思います。 自分自身 まず、そもそも自分は仕事をしていて何が楽しいのか。何に熱…

Beingの大切さ

前回はコロナ時代のビジネスや世界の移り変わりがどうなるか、そこでどう立ち回るべきかについてサッカー指導者思考でいこうという考えをシェアしましたが、今回は自分がどう感じているかという在り方について話したいと思います。 Well-Being(人がよりよく…

指導者思考でクイズに挑む

今回はコロナウイルスと共に歩む未来について指導者思考で考えるという意思表明的な文章です。そんな有益ではないかもです。(いつもか…) コロナウイルス 2020年4月7日(火)日本では新型コロナウィルス感染症対策のため東京などで緊急事態宣言が行われました。…

相手の価値関係を理解すること

相手に対して「愛情」「貨幣」「信用」の3つのポイントを理解しないと関係がよくなくなるよねーという話をしたいと思います。 信用関係 幻冬者の有名編集者の箕輪さんのTweetで面白いことが書いてありました。 なるほど、相手はお金よりもリツイートを求めて…

カッコいい大人とは

今回はカッコいい大人について話したいと思います。 「子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ。」 チルドレン (講談社文庫) 作者:伊坂幸太郎 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle…

自己肯定感とコミュニティの考察

・将来やりたいことがない人 ・自己肯定感がない人 ・環境を変えたい人 みたいな感じの人のアドバイス的な感じを書こうと思ったら3000文字を超えてしまいました…。なので今週のブログはスルーでも大丈夫です。自分の思考を書き殴った感じですね。もし時間が…

分かったより分からない

今回は分からないことって大切だよなぁと思うお話をします。 分かったと思うこと 今の時代はインターネット全盛期でGoogleで検索すれば大概のことは分かりますよね。YouTubeではこうすれば稼げる!などノウハウ系にも溢れていますし、Twitterではコロナの様…

キャラ化

今回もたらたらと書いたので目次をつくりました。現在実験中です。 ①子供→大人→父親→○○ ②アイコン作り ③SNSでの取り組み ④SNSでのキャラ化 ⑤自分運用化へ 子供→大人→父親→○○ 去年、子供が生まれて自分は必然的にパパという形へ変化していきました。そうなん…

戦略と戦術

今回はダラダラと長い文章になってしまったので、先に目次を書きます。 ①そもそも戦略と戦術って何だろう。 ②自分の仕事に置き換えると面白いよね。 ③コロナウイルスによってもたらされた価値。 ④この時期にできる戦略と戦術とは。 「戦略」は筋道で「戦術」…

アイデアとは一石二鳥

アイデアとは何か アイデアとは一石二鳥な状態のことです。一回石を投げるだけで二羽の鳥が倒せるという状態が続いていることです。もっと分かりやすく言うと複数の既存の考えをまとめたものです。ということは組み合わせが非常に大切です。 自分はサッカー…

期待しないという努力

昨年仕事でも、プライベートでも上手くいかずイライラすることが多かったなぁと反省の日々でした。そんなに人にも物事にも怒るタイプではなかったのに、なんでこんなにイライラしていたんだろうと自分と向き合う時間を多く作りました。(妻が出産のために里帰…

「知らない=嫌い」という感情

先日、子供の寝かしつけの時に1時間ほど大泣きしていて、さすがにイライラしてしまいました。なんで寝ないんだろう。なんで泣いているんだろう。 分からないので妻に聞くと「子供も寝たいのに寝れないんだよ」という言葉を聞いて納得。なるほど。子供も寝た…

視点を変える

自分の価値観が明確で、自分が良いと感じるものだけに全ての時間を集中して費やしていく姿はとてもカッコいいと思います。 建築家の安藤忠雄やZAZENBOYSの向井秀徳、サッカー監督の大木武、宣教師のアーサー・ホーランドなど信念やスタイルを貫いている方に…

アウトプットからの設計

成長したい、学びたいという時にまずはその分野の知識を高めようとセミナーを受けたり、本を読んだりするインプットからスタートします。十分にインプットができたら、実践してみよう。それが自然な流れです。 けど、これがいかに無駄だったということ最近分…

仕組みで補う

8月から娘が生まれて生活がガラッと変わった。仕事だけを考えていたライフスタイルから家族も考えるライフスタイルに変化していった。 具体的に言うといつも深夜から始まる海外サッカーを観たり、ビジネスのことを考えていたりしていた夜型から、娘が泣く朝5…

居るだけでは、耐えられない社会

格差社会や貧困問題など課題は山積みだけど、大きな視点で見れば生活は圧倒的に豊かになっており、職業もライフスタイルも個人が自由に選択できる幅が広がった。 したがって好きなものがあるということが、ひとつのステータスになりつつあるという現代。 急…

I will never forget 2019.7.2

30代で初体験が起きた。 価値観を変えないと仕事はやっていけないんだな。 誰にも期待しない生き方。 全てを経験として生きていく。

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE

自分が何度も何度も読み返す、バイブル的存在の本。辛くなるといつもここの箇所を読む。 著者である佐渡島氏が子どものことで実際に体験したこと。一部を切り取っても伝わらないし、ここがこの本を書く著者の原動力になったのではないかと感じるし、なにより…

自分という概念

自分って何だろう。 そう思うことは必ずある。 他人と比べ、自分が分からなくなって苦しい時期や自分を探すために一人旅することもあるはず。けど、それでは見つからない。 だって自分はそこにいるのだから。 そして自分という概念が分からなければ愛など分…

教師とは

昔からお世話になっている有坂さんに 『この高校教師のドキュメンタリー番組があまりにあまりに良くて、見終わった後にふと川口くんが思い浮かんだので、すみません、勝手に送りつけます(笑)』 と久しぶりにメールが来たので朝から観たらもう…ドンピシャで…

楽しさ

世の中は「正しさ」よりも「楽しさ」を持った人に強く惹かれるはずなのに、どうしても「正しさ」ばかりを考えるようになっている。何かが欠落していても「楽しさ」を持った人間が圧倒的に魅力的。 完璧な人間など存在せず、未熟なままでもありのままをさらけ…

ブランディングとは

ブランディングとは 「意識的にこちらがしていることを相手の無意識の中に介在させること」 だとすると 指導者も選手に落とし込む部分って全く同じな気がします。 どこにこだわるのか どこにもっていかせるのか どこに目標があるのか 結局サッカーって社会の…

繋がるとは

自分は誰と「繋がる」ことを選んだのか。 そして誰と「繋がらない」ことを選んだのか。 意識してたとしても。 たとえそれが無意識でも。 その、ゆるい「つながり」を人は縁といっているが、本当は全て自分で選んでつくってきたものなのではないだろうか。 ま…