Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

アイデアとは一石二鳥

イデアとは何か

イデアとは一石二鳥な状態のことです。一回石を投げるだけで二羽の鳥が倒せるという状態が続いていることです。もっと分かりやすく言うと複数の既存の考えをまとめたものです。ということは組み合わせが非常に大切です。

f:id:kawaguchiryota:20200222093038j:image

 

自分はサッカーの仕事をしていますが、この2.3年はほぼサッカーの本を読んだりしてませんし、サッカーの勉強会などには行っていません。むしろ、サッカー×○○の組み合わせを探すために違う分野や業種の本などを読んでいます。違うサービスを学ぶことで、自分の現場でも使えるアイデアがあるのではないか思っているからです。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 
言語化力 言葉にできれば人生は変わる

言語化力 言葉にできれば人生は変わる

 

この2つはオススメです。

 

イデアには価値がない

ただ、前提としてアイデアは大体のケースでほとんど価値がなく実行力が大事なんです。

 

「世界中の人が使って、友達の近況とかわかるサービスがあると流行る」と考えた人は大量にいますし、実行した人も大量にいるんですが、成功したのは、FacebookInstagramくらいなわけです。なのでアイデアにはほぼ価値がなくて、正しく実行しないと意味がないですし、正しく実行しても、99%成功しないものなのです。

 

半径5メートルの世界

では、価値がないとされる自分のアイデアを世の中のため、社会のため、と大きな枠ではなく、妻のため、友人のため、職場のためという近い距離感の中で組み合わせてみるのはどうでしょうか。それなら実行力も高まりますし、失敗しても改善点が分かり修正しやすいのではないでしょうか。

 

イデアを温めて過ぎない

近い距離感でのアイデアの出し方のメリットはカジュアルに言い合えることです。

イデアがあまり思い浮かばない人は一ついいアイデアを思い浮かぶと、それを大事にしちゃいます。「それ、もう記事としてあるよ」とか「それつまらないね」と言われたら、めちゃくちゃ傷つくからです。なので大事にとっておいてしまう。ここぞという時に使おう、とか考えてしまうわけです。

 

しかし、アイデアを出している人は、一日に良いアイデアが何十個もでたりします。本当に大量に出ます。なので、一つ一つにそんなに固執しなくなります。

 

なので、結論としてはまずは身近の方に役に立つようなアイデアをどんどん出して、それをコミュニケーションツールとして使って行った方がよいと思います。

そもそもアイデアには価値がなく、アイデアを温めていることの意味もほぼありません。質より量を増やすとアイデアも出やすくなります。

f:id:kawaguchiryota:20200222093612j:image

 

今週も読んで下さりありがとうございます。

来週は「戦術と戦略の違い」についてです。

 

期待しないという努力

昨年仕事でも、プライベートでも上手くいかずイライラすることが多かったなぁと反省の日々でした。そんなに人にも物事にも怒るタイプではなかったのに、なんでこんなにイライラしていたんだろうと自分と向き合う時間を多く作りました。(妻が出産のために里帰りだったので思考時間があったのは本当に助かりました)

 

f:id:kawaguchiryota:20200215092045j:image

*分厚いですがこの本はとてもよかった!おすすめです。

 

そもそも、人との関係作りは感情を理解することがスタートだと気付きました。そして感情を理解するのに、『プルチックの輪』を参考にしています。

f:id:kawaguchiryota:20200210100612j:image

動物が感じる24の感情と人間のみが感じる8の感情があり、それをまず理解します。そうすると「嫌い」って感情の横には「期待」があります。この図を見ると自分は他者に期待し過ぎ、そして裏切られた(のように感じる)から嫌いになるのだと気づきました。

 

なので、自分の他者へ期待している感情を理解してその在り方を変えると、嫌いって感情は減るかもしれないと思うようになりました。

 

そして現在の結論は「期待しない」ことです。

結果を求めてもダメですし、焦ってもダメ。怒ってもダメだなと日々実感しています。

 

確かに「期待しない」というのは冷たく聞こえるかもしれません。しかし、他人に期待するのは自分の甘えです。

 

そもそも「期待する」とは自分がその人のあり方を否定して、自分が思う方向に持っていくことです。「期待する」という言葉は、言う側が相手をコントロールしたいときに使われている言葉で、本当の意味での「期待」として使われていないのではないかなと思います。

 

仕事でも子育てでも、自分が「このくらいの成果を出してほしい」「こう育ってほしい」と思っている時点で、相手をコントロールしていることになると気付きました。

 

そうなるとそれは期待ではなく、「管理」しようとしていることになります。そのような考えでは自分の子供も「管理」しようとしてしまいそうです。そのようには育てたくない。

 

本当の期待とは、「どんな状態でも、その人が幸せだったら良いと思って待つこと」だと思うんです。それが愛情だと信じて、仕事でも家庭でも結果を出さなくても相手のことを好きであり続けること。その部分を努力することが自分の課題だと思っています。

f:id:kawaguchiryota:20200210110051p:image

 

今週も読んで下さりありがとうございます。

来週は「アイディアの生み出し方」についてです。

 

「知らない=嫌い」という感情

先日、子供の寝かしつけの時に1時間ほど大泣きしていて、さすがにイライラしてしまいました。なんで寝ないんだろう。なんで泣いているんだろう。

 

分からないので妻に聞くと「子供も寝たいのに寝れないんだよ」という言葉を聞いて納得。なるほど。子供も寝たかったのか。

f:id:kawaguchiryota:20200208093245j:image

 

その時、なぜ自分は子供にイライラしたんだろうと思い、自分の感情と向き合いました。すると「知らないことは嫌い!という感情に変化する」ということに気がつきました。

 

「知らない」と「嫌い」という感情はよく似ていて、人は知らないものを嫌うことが多いと思います。

 

物凄く大きなことで言えば、歴史上の日本の「鎖国制度」も、知らない外国からの知識や技術、「キリスト教」や「武器製造技術」などが入ってきて幕府の権力が脅かされないように、知らないものを恐れ、嫌い、否定した日本人の性質が導いた政策なのではないかとも思うのです。

 

このことは日々アップデートする現代社会でもよくある問題なのではないでしょうか。

 

「若い人の考えは分からない」という思考停止から嫌いという感情になるのではなく、分かるように理解していく行動から自分の成長や変化が生まれるのはないかと思います。

 

古くから伝わる良い考えというは大切にしつつも、若い世代の新しい考えや価値観を受容・共感できるような変化できる人間になりたいと強く思う日々です。

 

今週も読んでくださりありがとうございます!

来週は「期待しない」について話します。

視点を変える

自分の価値観が明確で、自分が良いと感じるものだけに全ての時間を集中して費やしていく姿はとてもカッコいいと思います。

建築家の安藤忠雄やZAZENBOYSの向井秀徳、サッカー監督の大木武、宣教師のアーサー・ホーランドなど信念やスタイルを貫いている方に魅了され今でも大きく影響を受けています。(是非検索してみてください)

 

ただ最近は、価値観とか、スタイルとか、信念とかも大切ですが、一見分からないような、つまらないものの中でも面白さを見つけられる人もとてもカッコいいと思うようになってきました。特に子供が生まれてからその部分についていつも思考しています。

 

大人になると自分の価値観が定まっていきます。そして大人は自分に都合がいいものを選び好きだと言います。

 

しかし、子育てをしていると子供は思った通りに動いてくれません。不都合なことばかりです。でもでも、その子供を愛おしいと思うのは間違いありません。

 

一見、全く魅力的でない出来事、オムツを変えるとかミルクをあげるとかもいつか過ぎ去ってしまうと思うとこの時間は貴重な経験になります。

f:id:kawaguchiryota:20200201101207j:image

 

結局、つまらないものをつまらなくしているのは、対象ではなく、自分自身だと痛感しています。

 

視点を変えることには洞察力が必要です。その観察力を養うためには面白くないと思われることに丁寧に丁寧に向き合ってみます。そうするとつまらないものの中から面白さを見つけられるようになるのかもしれません。そんなことを育児を通して考える日々であったりします。

 

今週も読んでくださりありがとうございます!

来週は「知らないことは怖い」について話します。お楽しみに!

アウトプットからの設計

成長したい、学びたいという時にまずはその分野の知識を高めようとセミナーを受けたり、本を読んだりするインプットからスタートします。十分にインプットができたら、実践してみよう。それが自然な流れです。

f:id:kawaguchiryota:20200123100301p:image

 

けど、これがいかに無駄だったということ最近分かりました。20代は時間があるのでたくさんインプットして、インプットして、インプットして、準備に準備を重ねてからスタートする。ただ実際にはなかなか自信を持てるほどにはならずにそのうちあきらめてしまう。このルーティンが自分には多かったです。

 

けど、家族の時間を考えると20代のように何でも時間あるというわけにはいかなくなり、時間の価値を考え始めました。そして、結論としてはアウトプットを設計してない学びは意味がないと感じるようになりました。

 

「アウトプットを先に設計してでインプットが後」の思考を持つと取り組み方が非常に変わります。十分に勉強してから、自信が付いてから、と考えるのではなく、まずは、いつどこで実行するかを先に決めてしまうんです。

 

しかもそれを誰かに伝えてしまうこと。ブログやSNSで宣言するのもありです。実行することは決まって周りの人にも伝えてあるのであとはそのタイミングにむけて必要な準備をするだけ。

いつ実行するか分からず準備をするよりもはるかに効率的に準備が進むはずですし、自分への圧が掛かった状態なのでインプットの後には即実践するだけという環境なります。例えるなら小学校のテストやピアノの発表会なども全く同じ感覚です。

f:id:kawaguchiryota:20200123100807p:image

自分は20代にサッカーのセミナーや学びを受けたときに「いいこと学んだなぁ〜」と感じて終わっていることがたくさんありました。しかし、学んだことに対して満足をしてしまい、学んだことの実践ができないまま時間が過ぎてしまいました。

 

キンコン西野は「アイディアには価値がない、行動に価値がある」と言い、幻冬者の箕輪は「死ぬこと以外かすり傷だし、失敗はネタになる」と言い、本田圭佑も「挑戦に意味がある」と言う。カッコいい言葉だし、頑張ろうって気持ちにはなるけど結局持続しません。

 

その理由は気持ちとか頑張りでやっているからです。(それでできる人もいると思うけど自分は無理でした) なのできちんとアウトプットすることを先に考えて、そのための設計作りをしないとうまくいかないと思います。

 

ちなみにこのブログも頑張らずに持続するために毎週土曜日UPというルールを設計しています。

 

今週も読んでくれてありがとう!

来週は「視点の捉え方」です。

仕組みで補う

8月から娘が生まれて生活がガラッと変わった。仕事だけを考えていたライフスタイルから家族も考えるライフスタイルに変化していった。

 

具体的に言うといつも深夜から始まる海外サッカーを観たり、ビジネスのことを考えていたりしていた夜型から、娘が泣く朝5時半とかに起きる朝型へ強制的に変化していき、優先順位や生活変化の多忙からブログを更新する時間がなかなかとれなくなってしまった。

f:id:kawaguchiryota:20200116085302j:image

 

昨年妻の妊娠の1番辛い時であり、今年は娘がまだ4ヶ月なので2年連続で正月休みもどこにも行かずに家でゆっくり過ごした。

 

そのゆっくりとした休みの中で昨年から仕事の考え方や物事の考えが変化していったことが頭の中で整理が出来たので、このブログできちんと言語化し自分自身が過去から変化していく姿を書こうと決めた。

 

ただ、昔の自分なら気合いを入れてこれまで通りに熱量のこもった長い文章を書きまくるだろう。しかし、ライフスタイルの変化によりなるべく時間を大切にそして負担を軽減し、ちゃんと継続できる仕組みをつくる方が大切なのではないかと考えた。

 

なので

①毎週書くためにキーワードをメモる

f:id:kawaguchiryota:20200116083204p:image

②文章はLINEのボイスメッセージで作成

f:id:kawaguchiryota:20200116083215j:image

③全体をある程度書き直す

f:id:kawaguchiryota:20200116084832p:image

 

という3つのポイントで作成している。

しかもこれ30分で終わらせるようにすることも意識している。「仕組み」というほど形にはなっていないかもしれないが、これならPCを使わなくてもできる(抱っこ紐で娘を抱えても可能)し、とにかく今年は思考を言語化してアウトプットしていきたい。

 

こんなシンプルな仕組みだけど、KKK(気持ち・気合い・根性)でやらないようにすることで習慣化される。習慣化されたらストレスもなくなり歯磨きやコーヒーを飲むように気軽にスラスラと書けるようになることが目的である。

 

ブログ再開の後押しをしてくれた妻のアドバイスは『あなたのブログなんて誰も見ないって思えば?けどそれでももし見てくれる人が居るんだったらあなたに興味を持ってくれている人なのか、それともよっぽどの変わり者なのか(笑)

貴重な時間を割いて見てくれるそんな方たちのために、そして自分のために、ブログを書いたらいいのよ。』

 

今週も読んでくれて、ありがとう!

来週は『アウトプット』についてです。

 

居るだけでは、耐えられない社会

格差社会や貧困問題など課題は山積みだけど、大きな視点で見れば生活は圧倒的に豊かになっており、職業もライフスタイルも個人が自由に選択できる幅が広がった。

 

したがって好きなものがあるということが、ひとつのステータスになりつつあるという現代。

 

急速なスピードで世の中が進化したことで、数十年前と比べて私たちの余暇時間は圧倒的に増えた。

 

だからこそ「自分のやりたいことがわからない」が悩みになり、自分の時間や労力をかけたいと思える「生きる意味」を持つ人への憧れが増している。

 

生きるためのハードルが下がった結果、生きる意味を見つけるハードルが上がっている。

 

「何のために生まれ、何のために生きるのか」私自身もこのために生きている!…を探す日々。現在進行形。試行錯誤。この思考こそが大人になるってことなのかな、と悩んでいるところで出会った運命の本。

f:id:kawaguchiryota:20190827120725j:image

「すること」の価値ばかりに重きが置かれてしまう現代社会で「いること」の価値とは一体何なのか。過去最高と言ってもいいくらい考えさせられる本。おすすめ。

 

 

ただ居るだけでは、耐えられない社会にこれからどう向き合うのか。

 

去年売れた本は『君たちはどう生きるか

f:id:kawaguchiryota:20190929114236j:image

今年は『メモの魔力』

f:id:kawaguchiryota:20190929114244j:image

結局、この社会に対して「どう生きるか」を解決したい人が沢山いるということ。

 

「自分とはなにか、そしてどうやって生きるか」が現代の大きなテーマになるので、今年は「自己分析」というキーワードの『メモの魔力』がベストセラーになった。

 

やっぱりみんなただ居るのがつらい。だから、何かすることで価値を見出しいく。そんな忙しない社会。

 

僕たちの存在って何かしないと価値がないのかな。

 

今日もそんなことを考えながら心の拠り所を求めて生きていく。けど、そんな安心感を探す日々が楽しかったりするのです。

f:id:kawaguchiryota:20190929115246j:image