Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

おせっかいは救い

f:id:kawaguchiryota:20181107082553j:image

プロフェッショナル 仕事の流儀 -傷ついた親子に幸せを~小児神経科医・友田明美 - を観て改めて感じることが多々あった。

 

上の画像見てわかると通り、親だけではなく指導者の暴言で選手の主体性奪ってんだぞ、ボケ。

 

 

友田さんの言葉から出てくる自己肯定感と安心感。そして救いたいと想う熱量。側から見たらおせっかい。けど、そのおせっかいこそが人を救うのだ。

 

 

 

 

最近自分は「好きな人と生きる」ということを考える。

 

かつて、俺はなんでも自分ひとりの力でやることをよしとするタイプの人間だった。

 

なので「ひとりで生きていく」という感じ。

 

その頃は目つきが今よりキツかった。

精神的な余裕もなかった。

 

それがサッカーの指導にも、教師をしていた時は教育の指導でも、自分が正しい。と思い込んでいた。これはいわゆる同調圧力ってやつだ。選手や子供達はサッカーも授業も楽しんでやる人はおそらくいなかっただろうなぁ。

 

 

ただいろいろなことにぶつかり、悔しながら降伏をして「これは自分には無理です!」とお手上げ状態を晒したら、全方位から助け舟が差し出された。他者の意見を受け入れることで心の深みが生まれたのだ。

 

これの深みこそが恵みってやつなのかもしれない。

 

だからこそ思うのが

共に生きる。

ということ。

 

 

もちろん相手の全部を受け入れられるわけではないし、傷つくこともあるけど、間違いなく得るもののほうが多い。

 

お互いに理解していき、同じ方向に向かっていくこと。

 

難しいかもしれないけど、自分を全部さらけ出すことで受け入れる幅が増えると思う。

 

自分を封印することは、自分に対する虐待になる。自分の人生を生きるってことは「このことなかったこと」にはできないのだ。

 

嫌われても構わない。

そのかわり俺のことを好む人や俺は好む人は全員引き連れて生きる。

 

おせっかいしまくる。

 

同じ熱量で人生を共にしたい。

その方が祝福が増していく。

違うことは祝福だから。

「スポーツを通して社会性を育む」は本当?

スポーツは教育ではありません。

スポーツは遊びです。楽しむものです。

 

挨拶、上下関係、シャキッとする、言葉遣いといったものはスポーツをしていないと獲得できないものなのでしょうか。

 

スポーツをしていなくても、当然のように挨拶はできるし、最低限の言葉遣い、TPOもわきまえることはできると思います。

 

 

挨拶や言葉遣いはある意味で家庭での躾を通じて、それから子どもたちの発育発達の過程で自然と身に付けていくものです。

 

 

だからこそ、「スポーツを通して挨拶を、言葉遣いを」という言葉、発想自体が恩着せがましいわけです。

 

 

みんな最初は好きで始めたサッカー、楽しいはずのスポーツの時間が次第にストレスを抱えることになってはいけない。

 

 

なぜか日本のスポーツに蔓延る「スポーツは人間教育の手段」という概念を取っ払い、「気晴らしをする、遊び、楽しむ」といったスポーツの語源に基づく本来の意味・価値を再現していきたい。

 

スポーツを始める動機は色々ですが、選手たちはサッカーが楽しいから、大好きだからやっている。

 

それが楽しくなくなる。

嫌いになる。

塾がある。

などの理由でサッカーを辞める選手が出ています。それは何らかのストレスが子どもたちにかかってきているからで、選手にサッカーを続けて欲しいと思うのであれば、彼らを楽しませる、好きなサッカーをさらに大好きにさせる大人の責任、役割がある。

 

正しさより楽しさ。

強制から共生へ。

そんなサッカークラブ、居場所、広場創りを目指していきます。

f:id:kawaguchiryota:20181107080929j:image

 

 

過去は変わらない。けど、過去への見方は変わる。

自分の人生を生きるとは新しく生きるということ。

 

生まれ変わるということ。

 

 

ただそのためには過去を縛る自分自身への嫌悪感や罪悪感を消さないといけない。

 

過去に

・あんなことをしてしまった自分

・こんなことをしてしまった自分

・そんなことをしてしまった自分

 

たくさんの自分がある。

こんなたくさんの自分を帳消しになんかできないはず。

 

うん、俺もそうです。

過去に悔やんだりすることも多々ある。

 

だけど、過去の見方を変えることは出来るはず。それは今が楽しんで幸せていれば可能だ。

 

あの時は〇〇だったけど、〇〇があるから今がある。というように。

 

生まれ変わるということは過去を帳消しではなくて、どう生きるかという方向転換で見方が変わるのだ。

 

 

自分の人生を生きよう。

笑って進もう。

道なき未知へ。

f:id:kawaguchiryota:20181108090532j:image

価値観が居場所を決める

フットボールと出会ってよかったこと」は無限にあるけど、あえてひとつだけを挙げるなら、『自分の価値観ができたこと』だなと思う。

 

今家族のように付き合っている人たちはみんなフットボールがきっかけになって仲良くなった人たち。

 

そして私が幸運だったのは、自分が仕事としてサッカーやフットサルに携われることになったことと、素敵な人たちに出会って仲良くなった時期が同じだったということ。

 

その仲間達を通して自分はそのままでいいんだという、自己肯定感を得たんだ。

 

けど、その自己肯定感の話を友達としていたら『カワは自己肯定感を得たっていうより、忘れていた自己肯定感を思い出したって感じだよね』と言われて、『思い出した』という表現はたしかにぴったりだなと思った。

 

フットボールを通して「自由」とは何かを感じ、その答えを求めるべく「居場所」という考えに至ってある。

 

なぜ自分は自己肯定感を思い出したのか。

それは出会う人が生き生きしていたから。他人の目など気にせず自分の人生を生きていた。

 

とてもカッコいいと思ったし、自分もそうなりたいと思い今に至る。

 

正直、世間体を捨てれば、悩みの九割は消える。

 

大人になるということは、子どもの部分を消し去って、周囲に合わせて無難に生きることじゃない。真逆だ。小さな自分が訴える「これをやりたい」と願うことを、実現する力を養うことだ。

 

そもそも人といると疲れるんじゃなくて、我慢すると疲れるだけ。人が嫌いだって結論を出すのはダメ。それはただ、我慢することが嫌いなだけ。

愛想笑いが嫌いなだけ。

我慢させやがってとか愚痴るのではなく、ただ、我慢をしなきゃいいだけ。

言いたいことを言えばいいだけ。言えない場所からは離れればいいだけ。

 

そこが自分の居場所になるはず。フットボールを通してそんな居場所を創り続けたい。

 

そんな価値観で生きている。

 

なんで俺はそんなこと言ってるのか。

それは日本には毎年自殺者が3万人&鬱病患者100万人という事実があるから。今も。

 

社会不適合者という言葉があるけれど、そんな社会に適応したら、おかしくならないほうがおかしいと思う。自分を責め、創造性に蓋をした瞬間に人生は詰む。

 

詰む人生はやめよう。

自分の人生楽しく生きよう。

 

大丈夫、そのままでいいんだよ。

楽しもう!人の目を気にせず。

一歩踏み出そう。

 

f:id:kawaguchiryota:20181104140017j:image

 

挑戦なのか 無謀なのか

先週末にいつも刺激をもらっているCRAZY, Inc.(株式会社CRAZY)主催の栗城史多の追悼ギャラリーへ

f:id:kawaguchiryota:20181101131504j:image

追悼ギャラリー「栗城史多は、誰?」

f:id:kawaguchiryota:20181101131523j:image

f:id:kawaguchiryota:20181101131540j:image
f:id:kawaguchiryota:20181101131536j:image
f:id:kawaguchiryota:20181101131519j:image

 

www.crazy.co.jp

 

今年の5月末に日大問題で世間を騒がせている時に起きた突然の死。ただ栗城さんの死を通して思わされるのは「挑戦なのか、無謀なのか」という問題。

 

 

 

某民放局の有名プロデューサーはブレイクする前の栗城さんを自らの番組で取り上げ、全国的な有名人に仕立て上げるべく「ニートアルピニスト、初めてのヒマラヤ」として売り出す。

このキャッチフレーズはやがて一人歩きし、殻を打ち破れずに悩んでいる若者たちの共感を受けるようになった。

 

 

インターネットで登山の様子が中継されるようになってPV数を稼ぐようになるとスポンサーも集まり、やがては大手芸能事務所も彼の元へ飛び付いた。

 

本人が「いや、やっぱり難しい」と思っても決して口にすることはできず、これだけ周囲が莫大なお金を集めて壮大な企画を立てて動き始めてしまった以上、後戻りは許されない状況になってしまっていたような気がしてならない。

 

 

このことを通して思わされたことを自分のフットサルミニストリーFC KREISのブログに記しました(3ヶ月まえですが)ご興味がある方はご覧下さい。

 

「それは私だったかもしれません」

fckreis.hatenablog.com

 

自分自身とは

川口竜太とは何か

 

身長や体重、学歴や資産ではなく、行動と思考です。

 

あなたは何者か

それはあなたの行動と思考です。

 

自分語りなんて必要ない。自分のプロフィールなんて必要ない。

名刺やリクルートスーツなんて必要ない。

 

行動と思考です。

大事なことなのでもう一度言います。行動と思考です。

f:id:kawaguchiryota:20181031072025j:image

 

自分なくし

最近「自分探し」とか「自分とは何者か」とか本当どうでもいいかなっと思っている。

 

それはそんな理由なんて必要なしにあなたは存在しているし、自分も存在しているから。

 

いちいち探さなくてもあなたはそこにいる。

 

いちいち探さなくてもわたしはここにいる。

 

そもそも自分探しの旅って一生見つからないんだと思う。自分はここにいるんだから。けど、それでも探さなくてはいけない自分なんて、本当は存在しない自分。

 

つまりはでっち上げた自分

 

結局それは

他人の目を意識して必要としているもの

 

 

それで、その他人の目を意識した自分を演じながら「他の人がやったことの無いことをして自分の個性を確立したい」とか言い出す。

 

もうその発想自体が没個性。

 

もしあなたがすでにでっち上げた自分を持っていたとしたらそんなものは捨ててしまえばいい。

 

そのでっち上げた自分は必ず、本当のあなたの行動を邪魔するし、それは単にプライドの別名です。

 

だから、「自分なくし」というのはブライドを捨てること。

 

プライドや社会に刷り込まれた概念を捨てていけば、個性なんて自然と出る。

 

個性とは自分が何かをやりたいと思う気持ちです。そしてあなたのやりたいという気持ちに、理由なんて必要ありません。

 

それはあなたが存在するのに理由なんてないのと同じなのです。

 

 

自分はサッカーを通して居場所を創り続けたい。心がホッとなれるような、人生が肯定的に生きていけるように。

 

好きなことに理由なんていらない。

やろう。

やり続けよう。いつもワクワクしよう!

 

アイディアには価値はない。

行動にこそ価値がある。

進もう。

 

失敗なんて怖くない。

自分をなくせ。ブライドなんて捨てよう。

それでも熱狂しながら進もう。

 

俺は行くよ。

f:id:kawaguchiryota:20181031093708j:image