Ryota’s diary -日々のあわ-

不定期ですが、これから考えたこと、チャレンジを受けたこと、びびったこと、嬉しかったことなどの日々の出来事を書いていきます

みんなの居場所

「居場所をもっと作りたい」とここ数年、私自身感じていました。きっかけは間違いなく3.11の震災の影響です。

 

f:id:kawaguchiryota:20180523113723j:image

ー居場所ってなんだろうー

 


ただ、居場所という定義って、すごく曖昧なので(そもそも家族の定義ってないらしいし。なので、自分が家族だと思ったら家族なんですよ。擬似じゃなくて)、自分はどのような居場所を作れるのかなって悩んでいます。

 

だけど、いろいろ悩んで最終的になんとなく「こういうことかな?」って思ったのは

 

「おかえり」

 

って言ってあげられる場所だなということでした。

 

それは震災後の2012年からスタートした「FC KREIS」というフットサル活動をやって行く中で感じたことです。

f:id:kawaguchiryota:20180523041657j:image

 

様々な環境や状況で育った子供たちが学校と家庭いがいの居場所を提供してあげることが自分のいきがいでした。

FC KREISに集まる仲間達は色々な背景がある中で育ってきているけど、みんなが集まるとやっぱり楽しい。ここにしていいんだという安心感がある。それは年々感じていました。

 

学校や家族、友達の中で色々なことにチャレンジ(その人の中で一歩踏み出すこと)するけれど、やっぱりうまくいかないことってたくさんあってね。人間関係や勉強やスポーツの結果など…。

けど、なにかしら最終的に戻って来れる場所になるのであれば、その子もチャレンジしやすいはず。

 

そんなiPhoneのホームボタンみたいな感じで、チャレンジしてみて失敗して、「ごめん、やっぱ戻って来た」みたいな居場所。

それで、「おかえり」って言ってあげられるみたいな。そういう場所を作っていきたいなっていうのがあってそれを今でも追求しています。

 

 

 

それが自分の使命だと思っています。

 

ー東京でのサッカーコーチを退職し、茨城へー

 

ただ居場所を提供していくうちに仲間が家族になり、好きなこと、好きな仲間ともっと共に過ごしたいと思うと同時に、FC KREISのような理念の居場所をもっと作りたいと思うようなり、本職であるサッカーコーチを退職しました。(FC KREISでお金を稼ごうなんで思ってないので。むしろ信用を稼いでいる)

 

そして、4月からシャロームスポーツセンターでサッカーコーチもしながら、こども食堂・放課後スクール・スポーツミニストリーなどサッカー以外のツールを使いながらコミュニティを一から作成しています。


f:id:kawaguchiryota:20180523113342j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113424j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113345j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113416j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113420j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113434j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113431j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113349j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113402j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113409j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113357j:image
f:id:kawaguchiryota:20180523113405j:image

 

シャロームスポーツセンターでは、FC KREISと違って「居場所×スポーツ×楽しさ」とプラスに「経済」も絡んできます。ビジネスです。お金です。

 

けど、逆にこのシャロームスポーツセンターで経済を回していけば自分の好きな仲間たちと本当の意味で「生きていける」のではないかと思っています。

 

自分の友人が

「この事のためになら死ねる、というもののために生きたい。この人となら死ねる、という人と一緒に生きたい」

 

 

と言っていて、それが今でも心に残っていてそれは好きな仲間と同じ経済圏の中で働いていけたら可能だろうなぁと感じています。

 

 

なので、居場所作りは文化形成なんです。

 

 

 

 

ーKBIに行って感じたこと。そしてこれからー

 

ご縁があって、4月に関西のKBIに3週間学びに行きました。本当に素晴らしい仲間と過ごす日々で毎日刺激をもらいました。

 

https://www.instagram.com/p/Bhy0yxAF042/

愉快な仲間とたけのこ掘り✊#大量収穫👍

https://www.instagram.com/p/Bh_jvkylbIJ/

BBQ🍖パーティ✨#最高の仲間と最高の時間#ゆみさんとはおそらく7年ぶりの再会でした

https://www.instagram.com/p/BiHcMIdlIFf/

最終日はみんなで老舗のたこ焼き屋へ🐙#最高で最強の仲間#CONNECT#個性の違いは祝福だ

 

しかし、素晴らしい思うと同時にこのような仲間(家族)と実際的に過ごしていくには「お金」と「使命」を理解しないといけなんだなぁとも感じました。

 


何のために生まれて何をして生きるのか分からないまま終わるのではなく、何のために生まれて何をして生きるのかを理解すること

 

 

お金で時間に制限されないような生き方を維持すること(お金が全てではないが、お金があると人生の可能性が広がる。どこにでもいけるし、買えるし、与えれるし)

 

 

なので、シャロームスポーツセンターをみんなが使えるプラットホームにしたいと今は思っています。

 

 

 

例えば、ITノマドみたいな働き方をするひとって、どこにいても同じように仕事ができます。逆に言えば、アメリカにもそのような働き方をするひとがいるし、ヨーロッパにもアフリカにも似たような志向性のひとたちがたぶんいます。そこで、世界中にいる似たような嗜好性のひとたちみんなが拠点を持ったら楽しいじゃないのかなと思い始めました。

 

 

今、同じようなひとたちのいる場所が日本には増えてきていますよね。

 

 

この茨城の拠点にも、新幹線も通ってるし、東京は車で2時間もかからないし、茨城空港羽田空港も近いですので、気軽に行き来できます。

 

 

世界中、日本中に拠点が点在していて、相互に交流できるように世の中が変化し始めています。

 

それが楽しいですし、次の僕らの思う豊かさって、そこかなという感じがします。

 

 

各地の拠点に遊びにいけるし、そこに行って仕事もできるし、プロジェクトが生まれることもあるみたいな。おもしろそうじゃないですか?

 

私はシャロームスポーツセンターをみんなの秘密基地や居場所にし、そのようや環境を全国、いや全世界に作っていきたい!これが今の使命

特別何かあるわけでもないけどみんなシャロームスポーツセンターにわらわらと集まって、話して、解散するみたいな。

 

今はひとが流動的に動くようになってますし。普段と違う場所で人と会うのって楽しいですよね。東京で会ってもおもしろくないでしょうし。茨城の田舎で会うと、数時間でもすげえ楽しい思い出になりますよ。必ず。ひとと会う場所が多様化していく。

 

なので、これからシャロームスポーツセンターでも放課後教室・こども食堂・シェアオフィス・宿泊施設を建設・合宿所・キャンプ場・美術館・展示会・集会所など多様な使い方をしてもらいたいと今全身全霊で努力していますので是非応援してもらいたいと思っています。

 

 

一緒に骨を埋めて欲しい

neutralfootball.hatenablog.com

 

尊敬する久保田さんのブログをサッカーなど関係ない友人のグループラインに入れてわちゃわちゃディスカッションするのが大好きな今日この頃です😘

 

 

↑ねっ、ステキな方ですよね。オトナ目線か、コドモ目線かの違いだけど本質を見抜く方です。

 

 

んで、

自分は今年から仕事の考え方を変えて茨城・栃木・東京を行き来しています。(けど昨年よりも自由な時間が増えております)

 

その考え方はまさしくこの記事でした。

「所属よりも、参加型」

 

めっちゃ共感し、すぐにメールしちゃいました笑笑

f:id:kawaguchiryota:20180515123650j:image

 

 

クラブではなく、スクール。むしろスクールよりも多様性コミュニティ。

勝ちよりも価値。勝利よりも文化作り。

やり方より在り方。理念、想いに勝る者なし。

正しさより楽しさ。ワクワクを大切に。

 

f:id:kawaguchiryota:20180515121932p:image

f:id:kawaguchiryota:20180515121943p:image

 

話を戻しますが、そのグループLINEで友人が素敵なことを言っていたのでシェアします。(何度も言いますがサッカー関係者じゃない人。逆にそれが面白い)

 

 

 

『僕は信徒はどんどん参加型になっていいと思った。
で、そのためにも屋台骨を一緒に担ってくれる核になる人は一緒に骨を埋めて欲しいなーと思いました。

最近のはっきりしてきた人生のテーマは
何のために生まれて何をして生きるのか分からないまま終わるそんなのは嫌だ

この事のためになら死ねる、というもののために生きたい。この人となら死ねる、という人と一緒に生きたい
です。』

 

f:id:kawaguchiryota:20180515122806j:image

 ふむふむ

 

 

f:id:kawaguchiryota:20180515122815j:image

キーワードは文化形成

 

 

f:id:kawaguchiryota:20180515122821j:image

話が脱線しまくり 

 

 

f:id:kawaguchiryota:20180515122832j:image

ここからまだ続きますがここまでにします。。

 

離れていても繋がれる仲間、そして共感・共鳴することで新たにワクワクが広がっていく感じ、マジ最高です。

 

このまま突き進むぞ。

けど、倒れたら起こしてください笑

 

起こしてくれるたくさんの仲間がいることが自分の財産です。

 

 

 

 

 

川口竜太の活動が知りたい方はこちらをクリック💁‍♂️

LINE Add Friend

 

おじさる部からのビジネスとミニストリーとは

2ヶ月前に初めてお会いした雄平さんからフットサルのイベントに誘われたので、八王子まで行ってきました✨

 

さまざまな方々集まっている他業種交流会的な感じになってました!楽しー!スポーツ最高⚽️

f:id:kawaguchiryota:20180512045844j:image

 

その中にはシンガーソングライターのDKこと横山大輔さんも来てくれました😊

gospel-lion.net

 

f:id:kawaguchiryota:20180512045901j:image

雄平さんと親友のトニーと3ショット🤳

 

 

その後はラーメンミーティング🍜

f:id:kawaguchiryota:20180512045923j:image

 

twitter.com

 

これから自分がどのように働くかをシェアして、アドバイスも頂きました。

 

《スポーツ×ミニストリー×ビジネス×居場所》

 

という、4つのポイントを軸に今年は駆け抜けたいと思います。

 

雄平さん、本当に忙しい中時間を割いてくださりありがとうございました!!

 

 

 

 

 

「ボールを重視した」ゾーンディフェンス

ドイツ・ブンデスリーガのSVヴェルダーブレーメンの下部組織などで14年間指導し、DFBエリートユースライセンスも所持する坂本健二氏による、指導者講習会に参加しました。

jgfa.co.jp

 

知り合いの指導者が大絶賛していたので、一度拝見してみたいと思ったのと、この講習会の主催者が尊敬する久保田さん、そして会場が熱血教師金澤先生の都立飛鳥高校だったのもデカイです。

suertedream.pokebras.jp

 

「ゴールを守るのではなく、ボールを奪う」

「人数をかけて(数的有利な状況で)、ボールへアタックをかける」

という目的のあるゾーンディフェンスについてです。

 

f:id:kawaguchiryota:20180512041423j:image

実技

 

f:id:kawaguchiryota:20180512041446j:image

ゾーンディフェンスで使う紐

 

 

W-UPの段階からゾーンディフェンスを意識させるような創意工夫がされてありました。その後は、走り抜けてラインゴールを狙う攻撃側選手を、守備側の選手が手に持ったボールでタッチして捕らえるという内容。(1対1メニュー)

 

あぁ「ボールを重視したゾーンディフェンス」の考え方はラグビーのディフェンスに似ているなと感じました。

 

ラグビーも、ボールを奪われた瞬間から相手ボールを奪う為のディフェンスに移行しますし、相手に罠をかけて網を張ったスペースにボールを誘導して、ボールを奪い取ろうとします。

 

これは、体格差で劣る日本人が大柄な外国人選手からボールを奪い返すために必須な組織的戦術。

 

その後、個人戦術からグループ戦術になっていきますが、逆にこちらはフットサルの前プレに似てるなぁという感覚でした。ボールに対して立ち位置を決めたり、ピヴォへのパスラインを消したりすること、そしてGKのコミュニケーションをとって奪う場所に誘導させることはフットサルのディフェンスと全く同じでした。

 

あぁ本質は変わらないんだなぁと改めて感じると同時にこの感覚がわかって良かったのでこの講習会に来て良かったと思いました。

 

また、知り合いの指導者とあーだこーだと話しながら見て話し合うことで脳をアップデートする楽しさもありました。自分の考えだけが正しいわけではありませんので、様々な指導者の考えを聞くことで自分の考えに更に深みが出てきます。

 

f:id:kawaguchiryota:20180512041534j:image

実技の後は講義

 

 

内容はこちらのほうが詳しく載っています。

keikun028.hatenadiary.jp

 

 

正直、この内容で3000円って安すぎですね。本当に勉強になることばかりでした。久保田さんお誘いありがとうございました。

 

 

 

 

サイパン旅行🏖

f:id:kawaguchiryota:20180512040453j:image

 

夫婦リトリートでサイパンでした⛱

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130321j:image

 

https://www.instagram.com/p/BfnzCJOHEUL/

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ【夫婦Retreat Trip】1日目お互い仕事で忙しかった為、旅行を通して改めて夫婦の時間を深めようの旅でーす✈️やっぱり海は最高です🏖#Saipan#ズッコケ川口夫婦の旅

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130355j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130455j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130415j:image

 

https://www.instagram.com/p/BfqJthSnQl5/

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ【夫婦Retreat Trip in Saipan-Managaha Island編-🏖】 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ2日目は船でマニャガハ島に移動✨キレイな海に癒されます🏖#saipan#3枚目4枚目は無加工#ズッコケ川口夫婦の旅

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130534j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130603j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130633j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130706j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130803j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130829j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130850j:image

 

 

https://www.instagram.com/p/BfvihDMHIxL/

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ【夫婦Retreat Trip in Saipan - Bird Island編-🏖】3日目はグロットにある青の洞窟とバードアイランドの絶景を満喫✨2泊3日で夫婦で良い時間を過ごせました。感謝です!#saipan#ズッコケ川口夫婦の旅

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130930j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515130940j:image

 

f:id:kawaguchiryota:20180515131019j:image

 

お互いに忙しい日々が続き、夫婦の時間がなかったのでゆっくりと過ごせる3日間をサイパンで過ごしました。

 

美味しいものを食べて、

素敵な海を眺めて、

海に潜り魚を見て、

日差しを浴びながらゆっくりと過ごし、

夜は星を眺めに山へ向かったり、

アメリカと日本の歴史を学んだりと、

ゆっくり過ごす中で充実した3日間となりました。

 

いつも側にいてくれてありがとう。

大切な大切なパートナーです。

これからも一緒に景色を眺めていきたいですね。

 

 

 



 

 

 

 

Watotoとサッカー⚽️

ワトトとは…

ウガンダにおける戦争と疾病によって生活を破壊され、両親を失った膨大な人数の子どもたちや弱り果てた女性たちに対応するための総合ケアの働きです。

 

www.watoto.asia

 

エイズの人数は…

ユニセフや国連合同エイズ計画によると、サハラ以南のアフリカには、おおよそ4760万の孤児が暮らし、その四分の一が両親をエイズで亡くしています。2008年の国連合同エイズ計画の未発表の推定値では、ウガンダにはそのうち250万の子供がいると言われています。

 

www.youtube.com

 

ワトトの目的とは…

ワトトは、ウガンダの親を失った膨大な人数の子供や弱り果てた女性たちに対応する総合ケアの働きです。祖国再建に向けて、個々を救護し、それぞれを社会の貢献者として育成することを目的としています。

ワトトでは、身体的な介護、HIV /エイズ治療を含む医療処置、正規技術教育、トラウマ・カウンセリングや霊的な弟子訓練などの多義にわたる支援を行っています。

学術と実践的技能、また、行動と道徳的価値判断の健全さにおいて、より優れた人格形成を追求することによって、それぞれが責任あるクリスチャンとして社会に貢献する市民となり、アフリカの次世代のリーダーを育てるためにの働きです。

私たちの目標は、2023年までにウガンダの1万の子どもたちをケアし、アフリカ大陸全土における孤児や女性たちの救済に迅速対応するモデル事業となることです。

 

www.watoto.com

 

ワトト・アジアツアー…


ワトト・チルドレンズ・クワイヤは、1994年以降世界中をまわり、5000万人とも言われるアフリカの、HIVエイズや貧困、その他の病により孤児となった子どもたちへの支援を集めてきました。

成人のリーダーたちの同行のもと、チルドレンズ・クワイヤは、WATOTOのビジョンとミッションを、彼ら自身の人生のストーリーと歌や踊りを通して、多くの人に届けていきます。ワトト・クワイヤは、親を失ったり傷ついてきたりしたアフリカの子どもたちの窮状を世界中に伝える「大使」として、活動しています。その中で、貧困やHIVエイズ、国内北部における戦争と少年兵の痕跡等の社会問題を、特に強調してきました。

クワイヤの子どもたちはみな、戦争あるいは病によって親を失くした経験をしています。そして、彼らは現在ワトトの村に住んでいます。クワイヤとしての経験は、子どもたちに他文化に接する機会を与え、彼らの世界観を大きく広げます。さらに、コンサートをしながら世界をまわることで、子どもたちは自信と勇気を与えられ、悲しみと絶望から立ち上がるきっかけともなります。

 

www.youtube.com

 

アジアツアーの合間にサッカーでリフレッシュするということで友人から声をかけて下さり、共にサッカーをしました⚽️

f:id:kawaguchiryota:20180512035909j:image

みんな素敵な笑顔

 

f:id:kawaguchiryota:20180512040014j:image

結構みんな上手い

 

f:id:kawaguchiryota:20180512040100j:image

 

みんななんだなんだで上手くてびっくりでした(^^)

 

サッカーを通して繋がる。本当最高なスポーツです。

 

はこぶね便の上原社長✨

f:id:kawaguchiryota:20180512035634j:image

 

この日の打ち合わせにはとてつもない強烈な個性を持った方と出会った。

 

「上原雄平」

 

有限会社トップスペースの社長であり「はこぶね便」の代表である。

はこぶね便

 

 

会社とは、

生きるとは、

使命とは、

仲間とは、

自分とは…。

 

言葉の一つひとつに深みがあり、胸を熱くさせられた。

 

あぁこんな人になりたいなぁ。

 

また4月にお会いすることになりました!感謝です。